脱ステロイド剤!本気でアトピー撃退話

アトピー性皮膚炎の薬漬け生活から脱却!食事の改善で本当の健康を手に入れた実話。

美肌効果

食生活の改善で美肌作り

 f:id:syokujikaizen:20181004213238j:plain

私は男性ですし、特にこれまで美肌についてこだわってきませんでした。

 

何よりアトピーを治そうと必死に研究し続けた結果、ついでに美肌まで手に入ったので、その知識を分けられたらと思ってこのページを開設しました。

 

事の発端は、アトピーによる醜い肌をきれいな素肌にしたかった事でした。普段人に会うと、アラサーですが年齢マイナス5歳で見られることがよくあります。

 

f:id:syokujikaizen:20181003100939j:plain

簡単にホワイトボードに肌の構造をかいてみました。

 

肌の入れ替わりは常に行われていて、表皮の「基底層」で作られた細胞が28日間を通じて、角質層へ昇っていきます。

 

よく「古い角質をとる」というのを聞いたことがあるかと思いますが、要は基底層で出来た古い細胞が角質層へ上がってきたものを取るだけなので、「古い細胞をとる」という意味にもなります。

 

この28日サイクルで行われる細胞の入れ替わりを「ターンオーバー」と呼ばれます。

 

綺麗な表面肌は、このターンオーバーがしっかり行われている事によって保たれています。

 

このターンオーバーをしっかり行うには、しっかりバランスの整った食事が必要です。

 

皮膚の60%はたんぱく質で出来ていますので、材料となる「たんぱく質」と、皮膚を作るための「ビタミンとミネラル」が必要です。

 

 

そして、肌のうるおいや弾力を担っているのが上図の「真皮」と呼ばれる部分です。真皮の構造は

 

コラーゲン

エラスチン

ヒアルロン酸

スクワラン

 

によって成り立っています。

 

表現を変えると、コラーゲンは骨格となる「割りばし」、エラスチンは割りばしをとめる「ゴム」、ヒアルロン酸は水分を保つための「囲い」、スクワランは艶やかさを与える「表面処理」の役割を持っています。

 

これらはどれ一つ欠けても健康な肌を作るには必要不可欠で、例えばコラーゲンだけあれば良い訳ではありません。

 

「コラーゲンとってるのに肌が良くならない・・・」という方は、ゴムであるエラスチンが欠けている場合もあります。たんぱく質を一生懸命摂取しても、コラーゲンを作ってくれる肝心なビタミンCが欠けているのかもしれません。

 

総じて、美肌効果を生むにも食生活が大きなテーマになります。

 

美肌効果についてはカテゴリー別に紹介していますので、以下よりアクセスをお願いします。少しでも美肌効果について参考になるものがあればと思います。 

www.syokujikaizen.com